No.41 「すずらんの日」のおはなし

No.41 「すずらんの日」のおはなし

 


5月1日フランスでは日頃の感謝をこめて、
恋人や家族、友人たちにすずらんの花を贈ります。

この時期お花屋さんにはすずらんの花がたくさん並びます。
この日だけは誰がすずらんを売ってもいいそうで、
道端には小さなブーケをたくさんかかえて売っている姿をみかけます。

すずらんを贈る歴史は古く16世紀よりはじまり、
今のように庶民に広がったのは19世紀に入ってからだそうです。

すずらんは春の訪れを知らせる喜びを運ぶ花とされ、
すずらんを幸福のお守りとして贈りあうことになったそう。

13の鈴がついたスズランが幸せを呼ぶなんて、
素敵な言伝えもあるそうです。


すずらんのブローチは、
Envelopeオンラインショップでご覧いただけます。






そのほかの Featured story

No.42 日本ホームスパンを訪ねて
No.42 日本ホームスパンを訪ねて

北上山脈と奥羽山脈のあいだ 耳を澄ますと宮沢賢治の「星めぐりの歌」が遠く風に運ばれて聞こえてくるようなそんな田園風景が広がる岩手県の花巻市。日本ホームスパンを訪れたのは新緑が眩しい爽やかな風が心地よい季節。リゼッタの冬のコート地が丁度かかる時期にお邪魔した。

すべてを読む →

No.40 コスチュームジュエリーの魅力
No.40 コスチュームジュエリーの魅力

構想△年リゼッタのコスチュームジュエリーが完成しました。 コスチュームジュエリーってあまり聞きなれない言葉かもしれません。 いわゆる宝飾品とは違ってあくまでもモードにあわせた  […]

すべてを読む →

No.39 レースのおはなし
No.39 レースのおはなし

フランスはパリからTGVを乗り継いで2時間半 静かな町の中心にあるレースのミュゼ。この土地は1200年頃からリネンの栽培がおこなわれ、産業革命時にイギリスからレースの織機が入ることによって レースの町とよばれるほどになった。 […]

すべてを読む →