コンテンツにスキップ

リゼッタの洋服ができるまでの記録

リゼッタのアトリエでは来季2023春夏コレクションが動き出しています。

こちらのページでは23春夏コレクションの中から、型番《LO-23E014》というまだ名前がついていないワンピースがつくられていく過程を記録していきます。

みなさまに商品としてご紹介できるのは、2023年の5月ごろになりそう。 アトリエスタッフの手によってリゼッタの洋服がつくられていく様子を、一緒にお楽しみいただけたら幸いです。



#1
モチーフの素材を探す

#1
モチーフの素材を探す

2022年3月12日

毎シーズンオリジナルのプリント柄やテキスタイルを発表しているリゼッタの服作りは、コレクションのメインとなるモチーフを探すところから始まります。

23春夏コレクションのモチーフに選ばれたのは、デザイナーの自宅に赤く実をつけた《スグリの実》です。このスグリの実が、これからどのようにしてリゼッタの服に落とし込まれていくのか追っていきます。

#2
デザイン画を描く

#2
デザイン画を描く

2022年3月25日

モチーフをもとにコレクション全体のイメージを決めてから、デザイン画を描いていきます。23春夏コレクションでご紹介する洋服、バッグ、小物を合わせた約80型分をすべてデザイナー平が描いてきます。

スグリの実はどうやらプリント柄になるようです。

#3
素材を決める

#3
素材を決める

2022年5月6日

糸の番手や風合いの違い、染料との相性などを考えながら一番合う素材を選んでいきます。リゼッタの春夏といえばリネン。スグリの実プリントはこのリネンに決まりそう。

#4
柄を描いてみる

#4
柄を描いてみる

2022年5月16日

朝出勤すると一枝のスグリが入った小さなガラス瓶が、テキスタイル担当スタッフのデスクに飾ってありました。いよいよプリント柄の始動です。

鉛筆で下書きし、太さの異なる2本のペンを使って紙に描いていきます。葉の枚数、葉脈のデザイン、枝の太さや実の大きさのバランスなどを絶妙に変えて、色々な姿のスグリを描いてみます。

#5
色をのせてみる

#5
色をのせてみる

2022年5月25日

何パターンか描いたスグリの実を組み合わせてひとつの柄にしていきます。配置された柄は、「#1 モチーフの素材を探す」で見たスグリの姿そのもの。生き生きと生い茂るたくさんの葉の隙間から丸い実が姿を見せます。

配置の後は色決め。実際のスグリの実と同じようにきらきらとした真っ赤な色にするのか、落ち着いた赤色か、はたまたまったく実物とは異なる紺色か。洋服に落とし込んだ時をイメージしながら慎重に決めていきます。

#6
柄域を決める

#6
柄域を決める

2022年5月28日

色決めとほぼ同時に柄域を決めていきます。小さすぎても見えないし、大きすぎても違う。ちょうどよいサイズ感を探すため、近くから見たり遠くに離れてみたりして、紙にプリントした柄を仮のトワルに当てて検討します。

#7
試刷りを繰り返す

#7
試刷りを繰り返す

2022年6月13日

スグリの実の色は紺、葉は白、背景は黒地に決まりました!

配色と柄域が決まったらあとは生地にプリントして、イメージした色に上がるまで試刷りを繰り返していきます。

リゼッタは絶妙な色味のものが多いため色ブレがでやすく、イメージに近づくまでプリント工場さんと試行錯誤の日々が続きます。

#8
パターンを引く

#8
パターンを引く

2022年7月11日

デザイナーのイメージをそのままに、着心地や生地・糸の特性も加味しながら、デザイン画を立体にしていきます。生地を無駄にしないよう効率よくとるにはどうするか、縫製の仕方はどれが最適かなども考えながら。

#9
トワルを縫う

#9
トワルを縫う

2022年7月13日

この日はトワル縫いの日。シーチングで仮縫いをしていきます。スグリの実のワンピースは胸元にシャーリング加工があるためほかの服よりもトワル縫いに時間がかかります。本番の生地ではどうなるかを考えつつ、デザイナーとイメージを共有していきます。

洋服の形になってきましたね。

#10
サンプル反を刷る

#10
サンプル反を刷る

2022年8月15日

試刷りを繰り返すこと9回。やっとサンプル反が上がってきました!発表前のプリント柄をお披露目したのは初めてかもしれません。みなさま、23年春夏のプリント柄はいかがでしょうか?

試刷りが多いリゼッタでも、ここまで回数を重ねるのは稀なことことだそう。スタッフはすでに愛着が湧いてきました。

次回更新をお楽しみに!

#11
トワルチェック

#11
トワルチェック

2022年8月23日

リゼッタのトワルチェックはボディではなく、実際にモデルが着用して行います。ここでデザインの修正だけでなく、着心地なども一緒にチェックしていきます。(撮影が間に合わず、こちらの写真はスグリプリントのアイテムではありません。)

#12
パターンを引き直す

#12
パターンを引き直す

2022年8月25日

トワルチェックで直しが出た部分を修正しパターンを引き直します。この時期になるとプロッターがカタカタと忙しそうに動く音がアトリエに響きわたります。

次回更新をお楽しみに!

#13
サンプル上がりをチェック

#13
サンプル上がりをチェック

2022年9月12日

サンプルがあがってきました。展示会へ向けて、量産へかけるものを選んでいきます。

#14
商品名決定

#14
商品名決定

2022年9月15日

商品名が《ロブ・グロゼイユ》に決定しました。

次回更新をお楽しみに!