No.32 ランジェリの工場見学

No.32 ランジェリの工場見学


肌ざわりのよいリゼッタのランジェリ。

そのジャージーの部分を作っていただいている工場へお話を伺いにいきました。
朝早く、ゆき慣れない東京駅から特急で1時間。
そんなに遠くない場所なのに自然豊かで空気もきれいで、少し早い夏休みのよう。



どこかなつかしさを感じる田園風景をぬけると目的の工場がみえてきます。
中には大きな機械がずらっと並んでいて なかでも年季の入った機械が数台少しゆっくりと動いています。
それがリゼッタの下着を編んでいる機械です。


よく見ると糸がでている部品がカタカタと動いていて、まるで蚕が糸をはき出しているようです。
部品1つ1つまでかわいく見えるレトロな機械から目がはなせませんでした。
脇に縫い目のない、いわゆる丸編みといわれるカットソーの編み機は下着をつくる機械として生まれ進化してきました。

もうお気づきかもしれませんが、リゼッタの下着は脇に縫い目もなくて からだにほどよくフィットするためにウエスト部分がリブになっているのですが、はぎ合わせているわけではありません。

この工場に残る古い機械はフライス編みからリブ編みに切り替えることができる貴重な機械。
なので接がずにつくることができます。

下着用に作られたこの機械はかつては日本にもたくさんあったそうです。
作業の効率化や大量生産などの背景のなかで国内だけでなく外国でももうほとんどその姿は見られなくなりました。

その機械を工場長さんが案内してくださいました。


イタリアメーカーの機械は、自動でフライスからリブへ切り替えることができるのですが、その分とてもデリケートで気候によってもかなり左右されるそうで、動かしている間はつきっきりで微調整を行うとのこと。


生地を編み下げた後、目視でチェックしますが、どれだけ気をはっていても数か所ほつれができてしまうとのこと。
手を沢山かけていることに驚きと感動、感謝の気持ちでいっぱいでした。

下着は直接肌に触れる大切なもの。気持ちよいものをとりいれたいものです。
感じる心地よさは、きっと人の手間やぬくもり、よい物に仕上げようとしてくれる 思いの分だけ感じられるものなのかもしれません。


Lisetteをはじめたときから大切にしている想いを アイテムひとつひとつから感じとっていただけたら幸いです。

 

> こちらからアイテムをご覧いただけます。

 






そのほかの Featured story

No.45 愛してやまない「がま口」のおはなし
No.45 愛してやまない「がま口」のおはなし

リゼッタで「がま口」をつくりはじめてもう10年ほどになるのでしょうか。

つまみ部分に動物や植物をモチーフにして つくり続けてきました。

 

そもそも「がま口」といえば、昭和の頃、お母さんがお豆腐やさんが通ったり、子供にすこしお小遣いをもたせるときに前掛け(エプロン)の左ポケットから取り出す小さな「がま口」が目に浮かびます。

すべてを読む →

No.44 リゼッタのリネンのお洗濯法
No.44 リゼッタのリネンのお洗濯法

夏になるとリネンを着る機会も多くなると思います。通気性もよく汗を吸収し速乾性にすぐれているリネン。これからの季節、毎日着たいリネンの服。お手入れ次第で、きれいにながく着られるように日頃のお手入れについてお話します。ぜひ参考にしてみてください。

すべてを読む →

No.43 フランス窓のレース
No.43 フランス窓のレース

2018春夏コレクションに登場するフランス窓のレース。

南仏の照りつける太陽とうるさく鳴き続ける蝉。
それを一層させるような木陰の涼しさ、乾いた土地に石灰岩の建物の窓には重厚で細工の施された鉄の柵。

そんな風景をイメージしラフを描いた。

すべてを読む →