No.26 La petite robe noire

No.26 La petite robe noire


20世紀初頭に生まれたシンプルな黒いドレス、La petite robe noire。

それまで黒いドレスは哀しみの日に着るものでした。

黒いドレスを初めてファッションにしたのはココ・シャネル。
クレープデシンのそのドレスは直線的なシルエットで、
刺繍やフリンジなど華やかな装飾が好まれていた時代には異色なものでした。
ココが孤児院で着ていた制服が起源になっているデザインもあります。



「本物のエレガンスは、自分で創り出す存在の美しさである。」
黒い色を着たときにすっと背筋がのびるのは、
そのままの自分になっているからでしょうか。



特別な日だけでなくふだんにもそんな気持ちがどこか心地よく、
フォーマルだけでない黒いドレスがほしくて、
そして着る人自身になるような黒いドレスを作りたくて、
リゼッタではじめた黒いドレスのシリーズ。



シルクとリネンで表現されたリゼッタの黒い洋服は上品さとこなれた雰囲気の両方を叶えてくれる。
好きなものと合わせて、色々なところへおでかけして、
時間がたつほどに着る人自身になる、そんな一着になることを願って。








そのほかの Featured story

No.44 リゼッタのリネンのお洗濯法
No.44 リゼッタのリネンのお洗濯法

夏になるとリネンを着る機会も多くなると思います。通気性もよく汗を吸収し速乾性にすぐれているリネン。これからの季節、毎日着たいリネンの服。お手入れ次第で、きれいにながく着られるように日頃のお手入れについてお話します。ぜひ参考にしてみてください。

すべてを読む →

No.43 フランス窓のレース
No.43 フランス窓のレース

2018春夏コレクションに登場するフランス窓のレース。

南仏の照りつける太陽とうるさく鳴き続ける蝉。
それを一層させるような木陰の涼しさ、乾いた土地に石灰岩の建物の窓には重厚で細工の施された鉄の柵。

そんな風景をイメージしラフを描いた。

すべてを読む →

No.42 日本ホームスパンを訪ねて
No.42 日本ホームスパンを訪ねて

北上山脈と奥羽山脈のあいだ 耳を澄ますと宮沢賢治の「星めぐりの歌」が遠く風に運ばれて聞こえてくるようなそんな田園風景が広がる岩手県の花巻市。日本ホームスパンを訪れたのは新緑が眩しい爽やかな風が心地よい季節。リゼッタの冬のコート地が丁度かかる時期にお邪魔した。

すべてを読む →