No.3 フランスのカゴ

No.3 フランスのカゴ




今年もフランスからたくさんのカゴが届きました。

以前その村を訪れた時は、車で通り過ぎてしまったくらいの小さな村で
流れのわりとはやい小川が流れていました。

その川のほとりにはえる柳で作られていたこのカゴは、重みもあってしっかりとしています。


1年に1度刈った柳は水に漬けられ、皮をむきます。


ひとつひとつ手で編まれたそのカゴは丈夫で使い込むほどに飴色にかわっていきます。
今では、この村の職人もわずか数人になってしまいました。


そんな職人の仕事場に、少し変わったカゴを見つけました。もち手の部分やところどころが真新しい白い柳のカゴたちです。
たずねると、「それはお客の持ち込んだ修繕さ!」職人がおしえてくれました。
修繕をくりかえし大切に使い受け継がれていくカゴ。
この村にはまだそんな暮らしが残っていました。


今、汚れたり壊れてしまえば捨てて、また安価な新しいものを買えばいい。そんな時代に職人はもう必要ないのかもしれません。

フランス国内でも、もうほとんど作られていない柳のカゴ。
その素晴らしい手仕事、職人の業をこれからも受け継いでいってほしいと強く願ってやみません。







そのほかの Featured story

No.45 愛してやまない「がま口」のおはなし
No.45 愛してやまない「がま口」のおはなし

リゼッタで「がま口」をつくりはじめてもう10年ほどになるのでしょうか。

つまみ部分に動物や植物をモチーフにして つくり続けてきました。

 

そもそも「がま口」といえば、昭和の頃、お母さんがお豆腐やさんが通ったり、子供にすこしお小遣いをもたせるときに前掛け(エプロン)の左ポケットから取り出す小さな「がま口」が目に浮かびます。

すべてを読む →

No.44 リゼッタのリネンのお洗濯法
No.44 リゼッタのリネンのお洗濯法

夏になるとリネンを着る機会も多くなると思います。通気性もよく汗を吸収し速乾性にすぐれているリネン。これからの季節、毎日着たいリネンの服。お手入れ次第で、きれいにながく着られるように日頃のお手入れについてお話します。ぜひ参考にしてみてください。

すべてを読む →

No.43 フランス窓のレース
No.43 フランス窓のレース

2018春夏コレクションに登場するフランス窓のレース。

南仏の照りつける太陽とうるさく鳴き続ける蝉。
それを一層させるような木陰の涼しさ、乾いた土地に石灰岩の建物の窓には重厚で細工の施された鉄の柵。

そんな風景をイメージしラフを描いた。

すべてを読む →