No.46 ブローチの使い方

No.46 ブローチの使い方

「買ってみたいけどつけ方がわからない」お客さまにそんな質問をよくうけることがあります。
リゼッタにはたくさんのブローチがあります。オリジナルでつくったものや、買い付けてきたものや作家のものなど。
さまざまな素材でできたブローチ。つけ方のちょっとしたコツや、使い方についてご紹介します。


【ブローチの種類について】

さまざまな素材でつくられています。
まずはお気に入りのブローチを見つけて、身につけるのが一番ですが、季節や服の厚みも関係してきます。
着る服にあわせたブローチ選びができたらよいですね。


【服の種類とブローチについて】

薄手の素材にブローチをつける場合、水牛の角や、刺繍が施されたワッペンブローチが軽くておすすめです。
軽いブローチであれば、ブローチの重みに服が引っぱられることもありません。
ジャケット・コートのような重衣料、厚手のニットやトップスには、軽いブローチも金属やガラスで作られた重みのあるブローチも大丈夫。
細番手のデリケートな素材のブラウスやワンピースは、ひっかけや穴があくことがあるのでおすすめしません。


【つける位置について】

★シンプルに胸もとにつける
ブローチのデザインをみて胸元においてみます。
バストトップ近くにつけるより、左右襟ぐりのすぐ下あたりにつけるのがスタンダードですが、襟もとに添うようにつけたほうがしっくりくるものもあります。


★中央につける
シンプルなVネックや、襟もとがつまったブラウスの中央につけると印象がかわります。


★襟につける
コートの襟につけましょう。
コートはブローチのおさまりもよく、生地も傷めにくいので簡単にためすことができます。
ノーカラーのコートでも鎖骨の下5cmから10cmのあいだで、しっくりくる位置を決めます。




【服以外につける】

★帽子につける
帽子サイドクラウンに


★マフラーやストールにつける
留め方はさまざま


★バッグにつける
シンプルな布バッグもモチーフをつけると、アクセントになります


★ヘアアクセサリーにする
ゴムを隠すように


【たくさんつける】

小さなのをたくさんつけたり、素材や大きさも混ぜてつけるのも楽しいです。
貝のブローチにアンティークゴールドの小さな金属のブローチを添えたり。




簡単にご紹介しましたが、かならず鏡のまえでいろんな位置においてみて、つける位置を決めましょう。
もし新しいブローチを購入したらまず手にとってながめてみてください。想像をめぐらせながら。
ブローチから語りかけるこえがきこえてきますよ。

【エンベロープオンラインショップ】リゼッタのブローチ、アクセサリーはこちら






そのほかの Featured story

NO.47 ラインストーンのブローチ
NO.47 ラインストーンのブローチ

これはロバの背中になる部分。10センチほどの湾曲した金物は職人の手作り。ねんきが入った機械や道具で埋め尽くされた小さな一室で私たちのブローチは作られていました。「自分のやりいいようにね」お椀型の丸みを帯びた金物に胡粉(日本画や日本人形に使われる貝を原料とした顔料のひとつ)を塗って、その上に背中のカーブにあわせた金物を固定し、そこにピンセットで一粒ずつラインストーンを並べてかたちにし、裏からそれをはんだ付けしていく。

すべてを読む →

No.45 愛してやまない「がま口」のおはなし
No.45 愛してやまない「がま口」のおはなし

リゼッタで「がま口」をつくりはじめてもう10年ほどになるのでしょうか。

つまみ部分に動物や植物をモチーフにして つくり続けてきました。

 

そもそも「がま口」といえば、昭和の頃、お母さんがお豆腐やさんが通ったり、子供にすこしお小遣いをもたせるときに前掛け(エプロン)の左ポケットから取り出す小さな「がま口」が目に浮かびます。

すべてを読む →

No.44 リゼッタのリネンのお洗濯法
No.44 リゼッタのリネンのお洗濯法

夏になるとリネンを着る機会も多くなると思います。通気性もよく汗を吸収し速乾性にすぐれているリネン。これからの季節、毎日着たいリネンの服。お手入れ次第で、きれいにながく着られるように日頃のお手入れについてお話します。ぜひ参考にしてみてください。

すべてを読む →