コンテンツにスキップ

フィルター

ペリゴールのカゴ

螺旋状の独特なフォルムを持つカゴ。

フランス ペリゴール地方で伝統的につくられており、100年ほど前まではこの地方のだれもが農閑期にカゴを編み、市場で運搬などに使われていました。

わたしたちが出逢った当時、そのカゴをつくる唯一の職人ムッシュー Philippe。

1年に1度収穫されるフランスの柳。皮は剥かずに使います。

感覚だけで円形に編んでいき、持ち手をつけ、重石を置いて底を作り乾かしながら形成し、完成させていきます。

自分だけで造形するカゴ職人の仕事に魅力を感じ、カゴをつくり続けてきた Philippe。今は、息子の Loïc にその仕事を受け継ぎ、ペリゴールのカゴの伝統も守られています。

デザイナーが綴るペリゴールのおはなし「Story No.20 ペリゴールのかご」はこちら

特集「フランスのカゴ展 -13e La Vannerie Française-」はこちら

  • ブラウン70cm

    ペリゴール バスケット

    18,700 円 (税込)から

    ※ 70cm(ブラウン、ブルー)、60cm(ブルー)は全店完売しました。【 フランスのカゴ展 】フランスのカゴはさまざまな地方の職人によって、伝統や技法を守りながらひとつひとつ編まれ、今もつくり続けられています。リゼッタがずっと大切にしていきたい、持つカゴ、つかうカゴたちです。>「フランスの...

    くわしい説明へ