ao デザイナー
小林まゆさんインタビュー

肌に心地よくあたる風、ふと手に落ちた朝露、いい香りの石鹸の泡、心の泉が溢れそうな時、
そんな身の周りにある美しさを形にするao(アオ)の受注会をリゼッタで開催します。

aoのジュエリーが全てご覧いただけるこの機会にぜひお手にとってご覧ください。

ao jewelry Order Fair
鎌倉店 :5月30日(水) - 6月10日(日)
二子玉川店:6月15日(金) - 6月24日(日)
LISETTE  webshop:6月5日(火) - 6月25日(月)

ao(アオ) デザイナー  小林まゆさんに、
ブランド aoのはじまりについてや、ものづくりの秘密を伺いました。


LISETTE: aoのものづくりでいつも大切にしていることはどんなことですか。
そう考えるきっかけになったエピソートがあれば教えてください。

ao 小林さん: 純粋にきれいだなと感じる気持ちを大切にしています。
それを大切にしようと思ったのは、子供の頃の経験からです。
道で摘んだ花を指に巻いたり、肌に水滴をのせてきれいだなと思ったり、女の子だったら経験あると思うのですが、そんな風に身のまわりにあるもので自分を飾って楽しむ事が好きでした。でも花はしおれてしまうし水滴は落ちてしまいます。ずっとは無理でした。
でも大人になって彫金をやってみて、子供の頃に出来なかった事がこれならできる!と思いました。
制作時は子供の頃に感じた純粋な気持ちに帰るようにしています。



LISETTE: 私が初めてaoの作品を拝見したのは、海で拾い集めた石のペンダントで、私には思いつかない発想だったことで興味をもちました。
作品のアイディアはどんな時に浮かびますか。

ao 小林さん:作品のアイデアはいつも制作しながら浮かびます。実際に使う素材に触れて色々な形を試していると、これだというのが浮かびます。
海の石を使ったペンダントは、遊びに行った海で見つけた石を身につけたいと思ったのがきっかけで、実際に石を手にしたから思いついたものでした。これからも色々なものを手にして、新しい形を見つけたいです。






LISETTE:ブランド名にもなっているaoはやはり色の青なのでしょうか。ブランド名にはどんな思いが込められていますか。

ao 小林さん:きれいだな、美しいなという気持ちを大切にしたいとブランドを始める時に思っていましたが、それは個人的な感覚なので人と共有できるか分からない。でも、それでも自分が美しいと感じる感覚を信じるのだ、という思いを込めました。
自分の深いところの色が青色と感じていたので、それをブランドの名前にしました。




LISETTE:今回の受注会ならではのことがあれば教えてください。

ao 小林さん:リゼッタさんのお洋服の心地よさやデザインが大好きなので、お洋服に合わせたコーディネイトをご提案したいです。
特に受注会の頃にお店に並ぶフランスのツブツブレースのお洋服は、aoで作っているリングに通じるものがあって一緒につけたらとっても素敵だなと思います。
また、金種を5種類から選べたり、店舗では好きな石を選べたりと受注会ならではの楽しみもご用意しました。


 

 



 

ao jewelry Order Fair
鎌倉店 :5月30日(水) - 6月10日(日)
二子玉川店:6月15日(金) - 6月24日(日)
LISETTE  webshop:6月5日(火) - 6月25日(月)