コンテンツにスキップ

リゼッタの雨傘《パラプリュイ・メミ》



昔サンジェルマンにあった古い傘屋さん。

フランスのおしゃれ心、遊び心を象徴するような色とりどり、形、大きさも様々な傘が壁にかざられ、映画「シェルブールの雨傘」そのもののようで、行く度にワクワクする、特別なお店でした。





残念ながら今はなくなってしまいましたが、あのお店に置いてあった、雨の日を特別にしてくれる、雨がやんでも持ち歩くのが嬉しくなるような、そんな傘があったらいいなという思いでつくったリゼッタの雨傘「パラプリュイ・メミ」が新色を追加し、再入荷しました。







木製の柄に真鍮の金具、革ひもに厚手の100%コットン生地など、素材にもこだわってどこかクラシカルな雰囲気に。

革ひもは持ち運ぶときは手首にかけて、置くときにはフックにかけられたりと使いやすさにもこだわりました。

新色は落ちついた深い色合いのトープ(こげ茶)。人気で完売していた、こっくりと深みのあるヴェール(緑)も再入荷しました。

持ち手や骨から縫製まですべて国内の職人によって作られていますので、修理もお受けしています。

雨の日を楽しんでいただける一品になりますように。

  • パラプリュイ・メミ

    ¥24,200(税込)

    雨の日を特別にしてくれるリゼッタの雨傘「パラプリュイ・メミ」。このたび新色「トープ」と、奥深い緑色「ヴェール」が再入荷しました。 素材にこだわってつくった傘はどこかクラシカル。木製の柄に8本骨、真鍮の金具。この傘のためにつくった手元には真鍮のプレートが打ちつけられています。生地は厚手のコットン...

    くわしい説明へ