Botto Giuseppe summer wool


Botto Giuseppe(ボット・ジュゼッペ)
イタリア北部の小都市ビエラに工場を構える老舗テキスタイルメーカー。 名立たる高級メゾンが生地を多用するほど職人の高い技術と伝統を誇ります。



Botto Giuseppe社の工場があるビエラ地区は、アルプス山脈のふもとに位置する豊かな水に恵まれた地域。

アルプスがもたらす豊富な湧き水は、原毛が持つ自然な柔らかさや生地の風合いを引き出し、 古くから“生地の聖地”と呼ばれ、世界の高級服地を生み出す一大産地となっています。

 

深い探究心と職人の技術力で生み出されるBotto Giuseppe社の生地に魅せられて、リゼッタでは2018年からコレクションに取り入れてきました。



今回使用したのはウールストレッチの梳毛地。 チャコールのトップ梳毛糸の平織に、ほんのすこしストレッチがきいているだけで、タイトめなシルエットでも格段に動きやすくシワにもなりにくいので、 1日を通してきれいに着ることができます。



長時間座る必要のある式典におけるフォーマル着、座り仕事の多いオフィスでの仕事着としても。