a hINT of  水玉ピアス

a hINT of

“fresh vitality of plants”。 植物の繊細で力強い生命力をイメージしながら製作されたシリーズから、水玉ピアスをご紹介します。

麻糸を自由な編み目で透けるように編み、触れるのもためらうほどの繊細なニットアクセサリーに仕上げています。
平面タイプは左右で石が異なります。立体タイプは中に水晶の玉が入っています。

〈素材〉
平面ゴールドA:麻糸(フランス・日本のデッドストック)淡水パール、水晶サージカルステンレス(金具)
平面ゴールドB:麻糸(フランス・日本のデッドストック)、サンゴ、水晶、サージカルステンレス(金具)
平面ゴールドC:麻糸(フランス・日本のデッドストック)、サンゴ(ハワイ)
、水晶(インド)、サージカルステンレス(金具)
平面シルバー:麻糸(フランス・日本のデッドストック)、サンゴ(ハワイ)、水晶(インド)、サージカルステンレス(金具)

立体シルバー:麻糸(日本のデッドストック)、淡水パール、水晶(上の石、中の玉)、サージカルステンレス(金具)
立体ゴールドA:麻糸(日本のデッドストック)、水晶(上の石、中の玉)、レインボームーンストーン、サージカルステンレス(金具)
立体ゴールドB:麻糸(日本のデッドストック)、水晶(上の石、中の玉)、サンゴ(ハワイ)、サージカルステンレス(金具)

〈サイズ〉
平面:モチーフ 高さ約2.5cm(石を含む)
立体
:モチーフ 高さ約2.5cm(石を含む)


一点ずつハンドメイドで製作しているため個体差があります。ご了承下さい。

〈a hINT ofについて〉
造形作家谷口聡子さんがデザインするアクセサリーのブランド。
「a hint of」はかすかに感じる、物事の裏に感じる の意。身近な自然の精密で美しい造形にインスピレーションを得ながら、「編み」を主な手法にして、骨董市で見つけた古い糸、日本の伝統的な糸、世界の糸などを素材に一点ずつハンドメイドで製作しています。

谷口さんへのインタビュー記事はこちら





関連商品