Vol. 35

ボルトモネ。ラベイユ Let’s make impossible “BEE” possible!
bumble2
 bumble 3
ふかふか、コロンとした小さな蜂、「マルハナバチ」。
ピーターラビットの1冊「のねずみチュウチュウおくさんのおはなし」ではきれい好きなのねずみおくさんの家で邪魔をする困った蜂として登場したり、英語のわらべ歌「Baby Bumblebee」などに歌われたりと、欧米で広く親しまれているこの蜂をリゼッタの新しいがま口のモチーフに選びました。まずは絵を描いてどんな形にするかを考えて、ワックスを削っていきます。
ルハナバチの体の黄色、黒、白の色をどう表現しようかな、ふかふかのマフみたいなところはどう彫っていこうかな・・・全体のバランスを見ながら進めていきます。そして出来上がったワックスを金属で形にしてもらい、一度形のチェックをしてから量産の工程へ。留め金は職人さんに一つ一つろう付けしてもらいます。職人さんの塩梅でがま口がカチッと閉まるかどうかが決まるのです。
I am always inspired by this fluffy tiny whizzy bizzy creature, the bumblebee!In famous children storybook, “Peter Rabbit”, the story of “Little Mouse Chuseou”, bumblebee was such an energetic character. And the song “Baby Bumblebee” is my all time favourite song. Therefore I want to create something about this little bee . I keep sketching and thinking how to express its little round body without putting yellow and black on it, how to show the fluffy texture.
Skillful artisans use wax to create the mold of the bumblebee till it is in a perfect, balance shape for mass production.
“Click, click”, each wallet is carefully checked in the atelier, whether it’s seamlessly closed.
  
bumble 4
bumble 5
そうして出来上がったがま口がこちらです。最後にこのマルハナバチの逸話をご紹介します。かつて航空技術者たちに、その体と羽の大きさのバランスでは航空力学的には飛べないといわれていたマルハナバチですが、それなのになぜ飛べるのか。
アメリカのロバート・H・シュラー博士はこうこたえました。「彼らは自分たちが飛べないことを知らないから」できないことを知らないからできる。それゆえ、不可能を可能にする蜂と言われているそうです。
So why am I so interested about bumblebee?
Scientist Dr. Robert H. Schuller said, bumblebee's body is too heavy and its wing span too small. Aerodynamically, the bumblebee cannot fly. But the bumblebee doesn't know that and it keeps flying. In hindsight, you wonder if you had any limitations. The only limitations a person has are those that are self-imposed. Don't let education put limitations on you. When you don't know your limitations, you go out and surprise yourself. 
SaveSaveSaveSaveSaveSaveSaveSaveSaveSave