リゼッタ秋冬コレクションのイメージは、1900年代初頭パリのモンマルトルにめばえたエコール・ド・パリ。
自由で華やかなベルエポック時代をイメージしてコレクションを作り上げました。
その画家たちのなかでもモジリアーニが作品の多くに描いた恋人、ジャンヌ・エビュテルヌにインスピレーションを受けたモノトーンの世界観を表現しています。