My favorites vol.4

My favorites vol.4

リゼッタの定番インナー「レナエル」と「リュディビーヌ」

今回は、日常の基本となるようなベーシックなアイテムを揃えるリゼッタの Les basiques シリーズから、タンクトップ「レナエル」とスパッツ「リュディビーヌ」をご紹介します。


インナーってどれも同じじゃないの?

洋服に比べると、どうしてもインナーは後回しになるというか・・・今まであまり気にかけた事が無かったんです。

化繊の入った窮屈な着心地のものは好みではありませんが、天然素材なら、正直そこまでどれも大差はないのかなと思っていました。

でもこのインナーを愛用している鎌倉店のスタッフが、「これはイイ!」と熱く勧めてくれるので、購入してみることにしました。

 

愛用してみて分かる、心地よさ

着てみてまず驚いたのは、生地のやわらかさと滑らかさです。「肌に吸いつく」とはこの事か!と。

コットン素材のカットソーは、洗濯を繰り返すと油分が抜けてくるのか、硬くなったりカサカサになってくる印象でしたが、このインナーは心配なし。購入して1年ちょっと経つ今でも、初めて着たときと同じ風合いを保っています。

お洗濯はネットに入れておしゃれ着洗いをしている程度で、特別なことはしていません。


頼りになる一着

リュディビーヌはお腹をすっぽりと包み込み、レナエルは腰回りまであるやや長めの着丈なので、冷房が効いた室内に長時間いる日には冷え対策として。


締めつけがなく身体に優しくフィットするので、新幹線や飛行機など移動時間の長い日には、このインナーをセットで着ています。

身体にやさしくストレスがかからないものを、年齢を重ねるごとに自然と選ぶようになっているのかもしれません。



一年中着られる頼もしいインナーとして、今では手放せないアイテムです。

ご紹介したレナエルはこちら、リュディビーヌはこちらから。