日本橋の新店

今年の9月末、日本橋髙島屋S.C.に新しいお店がオープンします。

先日、表参道店の閉店をブログでお知らせしました。多くのお客さまからありがたいお言葉を頂戴し、スタッフ全員感謝の気持ちでいっぱいです。
私たちにとっても突然だった表参道の話とはちがい、こちらの、新築されるショッピングセンターへの出店は、ほぼ2年越しのプロジェクトです。 新築物件は検査等の関係で、準備期間が以前に比べて長く、テナントの決定も大幅に前倒しで行われるようになっています。ずいぶん先の話だなあと思っていたら、いつの間にかプレスリリースも出て、みなさんにお伝えすることができるようになりました。
リゼッタに限らず、当社ブランドについて、商業施設への出店には消極的だということを折に触れて発信しているので、今回は久しぶりです。日本橋という歴史ある地味な土地柄、二子玉川でもお世話になっていて、リゼッタのことをよく知ってくれている髙島屋子会社の東神開発の担当からのお誘いということが後押しになり、都心に店舗を開くことになりました。チームのメンバーは表参道の閉店も重なり、戸惑いながらも、最後の準備に追われています。
現在9月25日(火)にオープンの予定ですが、正式なことが決まればウェブサイトを通してお知らせしていきます。

その昔リネンバードが日本橋三越の新館にいたり、この間何度も日本橋に足を運んだ自分からすれば、ええ日本橋はこうじゃないでしょ、という感じです。しかしテナントの1社としては、次世代にアピールする館の狙いを応援していかなくてはということで、動画を紹介しました。
お店の様子はもう少しすれば整いそうなので、お伝えできると思います。売場面積の大きなお店もある3階のフロア、リゼッタは相変わらず小さなお店ですが、コンパクトに素敵なお店になりそうな予感です。


ABOUT THE AUTHOR

株式会社カフーツ代表
リゼッタはほとんどが女性なので、日々の店舗運営以外のこと、アトリエの庭の木、高いところにあるエアコン、PCや無線ルーターのメンテナンス作業が回ってきます。出退店や財務関連のことも担当しています。





コメントする

コメントは掲載されない場合もございます。ご了承ください。


そのほかの Lisette journal

表参道店のこと

かねてから付き合いのあった仲介業者の方から、「表参道に面白い物件があって、リゼッタさんにぜひ紹介したいんです。いつ取り壊されるかもわからないんですが、新しいオーナーもこのまま放置しておくのはよくないと思っているようです。」とのお話をいただいて、最初にこの小さな家に入ったのは2015年の4月でした。

すべてを読む →

鎌倉通信 2018年5月

コメント1 件

皆さまこんにちは。リゼッタ鎌倉店の荒川です。いつも鎌倉店へお越しいただき、心よりお礼を申し上げます。このブログは、先に鎌倉のお客さまに送信している『リゼッタ鎌倉レター』のウェブ版です。メールでの送信をご希望の方は、下記のコメント欄からご連絡いただけたら幸いです。

すべてを読む →

春の準備
春の準備

すべてを読む →