ヒントを探して

久しぶりに映画館に足を運びました。 ずっと観たかった『繕い裁つ人』。 同じお洋服に携わり、ひたむきにコツコツと服に向き合う主人公から、ヒントをもらいたかったのです。

  先代から引き継いだ洋裁店には近所の人たちが賑やかに集い、体型の変化とともにお直しをしたり、ある時は母のワンピースが大胆にデザインを変えて娘の新しい1着に生まれ変わったり、、、着る人の歩みに寄り添うように、服を作ります。 ブログ3 『あなたの、”人生を変える一着”を仕立てます。』   その服には大きな力がありました。 その力を信じられるように仕事をしていくこと。   リゼッタのお洋服は映画のようなオーダーメイドではありません。 でも、込める思いは同じです。     ブログ  



コメントする

コメントは掲載されない場合もございます。ご了承ください。