ヒントを探して

久しぶりに映画館に足を運びました。 ずっと観たかった『繕い裁つ人』。 同じお洋服に携わり、ひたむきにコツコツと服に向き合う主人公から、ヒントをもらいたかったのです。

  先代から引き継いだ洋裁店には近所の人たちが賑やかに集い、体型の変化とともにお直しをしたり、ある時は母のワンピースが大胆にデザインを変えて娘の新しい1着に生まれ変わったり、、、着る人の歩みに寄り添うように、服を作ります。 ブログ3 『あなたの、”人生を変える一着”を仕立てます。』   その服には大きな力がありました。 その力を信じられるように仕事をしていくこと。   リゼッタのお洋服は映画のようなオーダーメイドではありません。 でも、込める思いは同じです。     ブログ  



コメントする

コメントは掲載されない場合もございます。ご了承ください。


そのほかの Lisette journal

UNE MAISON 閉店しました 

昨日、8月26日をもちましてユヌメゾンリゼッタは閉店いたしました。2年半沢山のお客様に足を運んで頂き、短い時間ではありましたが皆様と過ごした日々の思い出や頂いた温かな言葉、楽しいおしゃべりがよみがえり、感傷と感激が交互する最終日となりました。

すべてを読む →

日本橋の新店

先日、表参道店の閉店をブログでお知らせしました。多くのお客さまからありがたいお言葉を頂戴し、スタッフ全員感謝の気持ちでいっぱいです。 私たちにとっても突然だった表参道の話とはちがい、こちらの、新築されるショッピングセンターへの出店は、ほぼ2年越しのプロジェクトです。

すべてを読む →

表参道店のこと

かねてから付き合いのあった仲介業者の方から、「表参道に面白い物件があって、リゼッタさんにぜひ紹介したいんです。いつ取り壊されるかもわからないんですが、新しいオーナーもこのまま放置しておくのはよくないと思っているようです。」とのお話をいただいて、最初にこの小さな家に入ったのは2015年の4月でした。

すべてを読む →