一針一針

どうして刺繍に心ひかれるのでしょうか?   刺繍をはじめたきっかけは、あるブランドのお洋服を買ったことがきっかけ。 ブランドネームの下には無地のタグがついていました。 一緒についてきた小さな巾着をあけると、 「世界で一つしかない一着を着て楽しんで下さい」というメッセージと刺繍糸が入っていました。 入っていた小さな刺繍見本をみながら、見よう見まねでイニシャルをチクチク…   たった一文字を入れただけですが、 長年着た特別な一着のように感じ、より一層愛おしく思えました。   それをきっかけにすっかり刺繍のとりこになり、私の刺繍ライフがはじまりました。   動物好きな私は動物の写真を見てひたすら動物をチクチク。 今はマレーグマを夢中にチクチク。(クッションカバーにする予定。) KIMG4157 自己流でやっているので、とても上手とは言えませんができあがるとそれなりにみえることも刺繍のいいところかもしれません。     一針一針に心をこめて… 作るまでの過程に何度も手が加わり、作り手の思いが伝わってくるので刺繍に惹かれているのかも。     届いたばかりのリゼッタのオリジナル生地にも山に咲く草花が刺繍されています。 新緑の緑とやわらかな青空色のリネンは山の爽やかな空気を伝えてくれます。   届いたばかりの生地をみてクマのクッションと一緒に並べたら可愛いかも…と、 また刺繍に心が躍ります。   Le printemps du alpine et fleurs-春の山と植物- オリジナル刺繍の生地で仕立てたお洋服の他に、 高山に咲くお花をモチーフにしたレースシリーズも届きました。 お気に入りはレースから型をとりつくったバレッタとブレスレット。 FullSizeRender 草花をそっと身につけて、春の準備をしたいと思います。



コメントする

コメントは掲載されない場合もございます。ご了承ください。


そのほかの Lisette journal

日本橋店オープン

9月25日、無事に日本橋店がオープンしました。今回の出店にあたり、リゼッタ内からだけでなく、他のブランドからもスタッフが異動しました。せっかくお客さまからも信頼を得ているスタッフを異動させるのはとても心苦しいのですが、フレッシュな気持ちで、仕事を別の角度から見直すきっかけになり、ひいては個々人の人間的な成長につながればいいなと思っています。

すべてを読む →

UNE MAISON 閉店しました 

昨日、8月26日をもちましてユヌメゾンリゼッタは閉店いたしました。2年半沢山のお客様に足を運んで頂き、短い時間ではありましたが皆様と過ごした日々の思い出や頂いた温かな言葉、楽しいおしゃべりがよみがえり、感傷と感激が交互する最終日となりました。

すべてを読む →

日本橋の新店

先日、表参道店の閉店をブログでお知らせしました。多くのお客さまからありがたいお言葉を頂戴し、スタッフ全員感謝の気持ちでいっぱいです。 私たちにとっても突然だった表参道の話とはちがい、こちらの、新築されるショッピングセンターへの出店は、ほぼ2年越しのプロジェクトです。

すべてを読む →