No.34 Homespun

No.34 Homespun

去年の今頃、はじめて訪れた盛岡は寒さも本格的になろうとしていました。
木造の建物のなかでは機を織る音とストーブに置かれたヤカンの湯が沸く音だけが聞こえてきました。今回伺った「みちのくあかね会」は盛岡市にあります。古い病院を工房にし暖かな室内には数人の女性が無心に糸を紡ぎ、機を織っていました。木造の温もった匂いのなか私はどこか懐かしい気持ちになりました。
 

岩手のホームスパンの歴史は古く、昭和のはじめに羊の飼育がはじまったことによります。当時は岩手の牧場で飼育していた日本コリデール種という羊毛をつかって女性が紡ぎ毛織物やセーターを作っていました。その後、国の政策でめん羊飼育が中止され羊を飼う家庭はなくなりましたが、手紬手織りの伝統は今もこの土地で受け継がれています。あかね会の工房では40代から80代の女性がはたらいています。
染色、カーディングしたのち、手で紡いでいきます。3番から10番まで 手かげんひとつで紡いでいくのです。


経糸をはって織っていきます。

人の手で紡いだあまよりの糸からは機械織りでは出せない独特の風合いがうまれ、なんともいとおしくなります。北国岩手の冬はながくきびしく、農閑期、女性たちは家にこもって自らの着衣を つくるのが仕事だったのでしょう。いつも手仕事に出会うたび人の暮らしのなかでうまれた文化や伝統は農業や生活の必然的なものから生まれるものだということを感じます。

工業化がすすんでもひとを惹きつけ続ける伝統工芸は実用から生まれる美のおくゆかしさなのだと思います。

奥沢アトリエ

生産管理、クリエイティブのメンバーが勤務する場所を、奥沢アトリエと呼んでいます。
洋服以外のアクセサリー、革小物、スニーカーなども、企画はすべてリゼッタ内部で行っています。結婚、出産、パートナーの転勤などで、休みに入ったりすると、そのアイテム群も休止状態になってしまうこともあります。

リゼッタの商品の背景について、ブログを投稿します。






そのほかの Featured story

No.42 日本ホームスパンを訪ねて
No.42 日本ホームスパンを訪ねて

北上山脈と奥羽山脈のあいだ 耳を澄ますと宮沢賢治の「星めぐりの歌」が遠く風に運ばれて聞こえてくるようなそんな田園風景が広がる岩手県の花巻市。日本ホームスパンを訪れたのは新緑が眩しい爽やかな風が心地よい季節。リゼッタの冬のコート地が丁度かかる時期にお邪魔した。

すべてを読む →

No.41 「すずらんの日」のおはなし
No.41 「すずらんの日」のおはなし

5月1日フランスでは日頃の感謝をこめて、 恋人や家族、友人たちにすずらんの花を贈ります。この時期お花屋さんにはすずらんの花がたくさん並びます。 […]

すべてを読む →

No.40 コスチュームジュエリーの魅力
No.40 コスチュームジュエリーの魅力

構想△年リゼッタのコスチュームジュエリーが完成しました。 コスチュームジュエリーってあまり聞きなれない言葉かもしれません。 いわゆる宝飾品とは違ってあくまでもモードにあわせた  […]

すべてを読む →