繕いの会

2017年7月3日

自分の手で初めて金継ぎをしています。

買ったばかりの茶碗蒸しの器。コロンと愛らしい形が気に入っていたのに不注意で蓋を割ってしまい、接着剤で付ける気にもなれず諦め気分で新聞紙にくるくる包んでいたところ、友人が声をかけてくれました。

「なにか割れた器ない?」

生徒が3人集まり、ほどなく朝の公園で「繕いの会」が開かれました。

木漏れ日がちらちらと揺れる気持ち良い木陰で、まずはティータイム!

仲良しの友人というのは、しばらく会わなくても前置きなしにいきなりおしゃべりが始まるから不思議ですね。数年ぶりなのに…となんだか可笑しくなりました。

手作りのケーキにアイスクリーム、そして淹れたての美しいアイスティー。

お料理上手な彼女の心遣いに気持ちが優しくなりました。

 

金継ぎは、完成まで早くて3か月という長い時間がかかります。

丁寧に修復していく時間が私達の心を癒し、器への愛情もより深まっていくのだと教えてくれました。

接着に使う漆は自然のものなので、器の繕いには安全で理にかなっており、古くは縄文時代から土器の接着に使われていたそうです。

もとの形に戻してテープで固定したら、静かに乾燥させます。

 

いかに破損をわからないように仕上げるかを大事にした西洋の修復法と違い、私達の先人はその繕った傷跡を「景色」と呼んで新しい美を生み出し、楽しんだことを知りました。

時間をかけてゆっくりと。茶わん蒸しの蓋にはどんな景色が新しく映るでしょうか…!

今月もまた小さな繕いの続きを楽しみたいと思います。

 


おすすめの映画

2017年6月28日

“この世界の片隅に”というアニメーション映画をご存知でしょうか?

昨年から公開しているので、ご覧になった方も多いかもしれませんね。

原作の漫画を読んでいたので、ずっと観たいなと思っていました。

せっかくだからと、今月の広島催事に参加の際に、映画の舞台の広島で!と目論んでいたのですが、そんな余裕はなく・・・出張から戻ってきて、ほっとした気持ちで東京の映画館へ足を運びました。

終戦前後の広島が舞台。

嫁いだばかりの若い女性が主人公です。

のんびりとした主人公の生活の様子がたんたんと描かれています。

声高く何かを訴えることはなく、色々な物資が不足していく状況の中、工夫をこらしながら暮らし、自分の目の前の生活をただひたむきに生きる主人公と家族の風景。

広島出張は4回目の私、馴染み深くなった広島弁や街を流れる穏やかな川、路面電車のある風景、福屋デパート・・・現在の広島の景色と重なる部分もあり、出張後すぐ観た映画はより一層情景が胸に響いてきたような気がします。

 

目の前の生活を楽しみ、いつくしんで生きること・・・

どんな環境であれ、身の回りの日常の中にはいつだってそこかしこにきらきらと美しい風景があるのに、この所心ここにあらずで見ようとしていなかった自分がさみしく思えました。

映画をみた次の日、通勤中いつも素通りしていた道端に、あじさいが雨露にぬれ美しく咲いていました。

ずっと気がつかずに通り過ぎていた景色。

広島の帰り道、京都のお寺へ見に訪れたあじさいはもちろんきれいでしたが、道端に咲いているあじさいも同じように美しく咲いていることに気がつけた事にうれしく思いました。

 

映画は、今もなお全国でロングラン上映中です。

機会がございましたら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

映画を見て2日後、今日も”悲しくてやりきれない”の歌が頭の中でぐるぐるしています・・・


雨の間におでかけ

2017年6月25日

梅雨に入りましたが、晴れの日が多くもう夏になってしまったのではないかと心配な天気。

この数日でやっと梅雨らしくまとまった雨になり少し安心しました。

 

けれども、そうなってくると外に出るのが憂鬱に…

催事に行ったりとバタバタとしていた為、ここ数日のお休みは家でダラダラと過ごしていました。

家でゆっくりと過ごすのも楽しいのですが「これではいけない!」と思い

晴れた日をみはからってずっと行きたかった企画展に行ってきました。

 

歩いて行ける距離にあるので、久しぶりに散歩がてらのおでかけ。

梅雨の合い間の晴れはとにかく暑い。

 

 

美術館は公園の中にあります。

たくさんの緑は木陰をつくり、また新緑の爽やかな色に心癒されました。

雨が降った後なので葉っぱも生き生きとしていて、空気も澄んでいました。

 

 

美術館だけでなく木陰でのんびりでき、ゆっくりと過ごせた1日。

 

梅雨の時期はジメジメとするので少し憂鬱になりますが、

この時期だからこその楽しみもあることを再発見。

次のお休みはどこに出掛けようか天気予報をみながら計画中です。

 

今年は新しい傘も新調する予定。

雨の日には雨を楽しんで。

公園でみた青々とした緑と同じ色の傘は、雨の日のお出掛けを楽しくしてくれそう。

 

 


あじさいの咲く頃に

2017年6月19日

水曜からはじまった鎌倉店イベント『あじさいの咲く頃に』

6月の梅雨入りとともに、最もにぎわう観光シーズンの鎌倉で
季節に寄り添ったイベントがしたく実現しました。

平岡瞳さんの版画に出会った時、小さな青の版画に心が吸い込まれ
いつまでも眺めていられるようなそんな気持ちになったことを思い出します。

今回のために新作の版画もご用意いただきました。

近くで見たり、遠くでソファにかけて眺めたり
お客様の思い思いにくつろいだ時間を過ごしていただけたらなによりです。

 

HARRYSの土屋さんとは、しずく型のネックレスを一緒に作りました。
土屋さんの透明なガラスのなかは一つ一つあじさいを閉じ込めて。

 


天野ミサさんからはあじさいとともに、さくらんぼやブルーベリーなど旬のモチーフのアクセサリーを。


鎌倉山にある草花屋苔丸さんには、今回も季節のリースをお願いしました。

いつも完全お任せで作っていただき、今回は全てにあじさいを使ってくださって
苔丸さんのお心遣いを感じます。

 

また平岡さんに鎌倉らしいモチーフを描いていただき、
ハンドプリントしたミニバックとリネンのハンカチ。心和む柄が愛らしいです。

もちろん梅雨の時期や真夏を快適に過ごせるリネンの服もたくさんございますよ!

23(金)、24(土)は平岡瞳さんが在店予定。
時間等の詳細は追ってSNS(インスタグラム、facebook)でご案内いたします。