母の日の贈り物

2017年5月9日

みなさまGWはいかがお過ごしでしたか?

 

GW前に旅行用の洋服を求めて来店下さったお客様がちらほらといらっしゃったので、
土産話をお聞かせいただけるのを楽しみにしております!
そして、5月のイベントと言えばもうひとつ。母の日ですね。
みなさまはもう準備は出来ていますか?

 

母の日は、アメリカのアンナという女性が亡き母を思い教会で
カーネーションを配ったところから、お母さんに感謝を伝える日として
世界的に広まったとされているようです。

 

 

リゼッタでは、洋服の他にアクセサリーや小物など、母の日にピッタリの商品も

たくさんご用意しております。

14日までの期間限定で母の日ラッピングを承っておりますので
お気軽にお問い合わせくださいませ。

プレゼント選びに困ったら、ぜひリゼッタへ足をお運びください。
みなさまとお母様の、素敵な1日になりますように…


5月のお洋服

2017年5月5日

すっかり暖かくなり、ゴールデンウィーク後半も天気に恵まれ、薄着で出掛けられるのが嬉しいですね。
リゼッタでは5月に入ると本格的な夏の洋服が入荷します。
今週末からのお店に並ぶ、夏物第一弾を少しですがご紹介いたします。

 

ジャガード織のオリジナル生地を使用したお洋服は、植物をモチーフにしフランスの壁紙のような柄が入っています。
 

グレーとアンティークホワイトの色はどちらも淡く上品です。
前開きのワンピースは羽織にも使えて便利な一枚です。
 

 

定番のリネンデニムはキュロットパンツと、スカートが新しく届きました。
薄い生地で動きやすく涼しいので、夏にも履ける嬉しいデニムです。

丸みのあるバックポケットが可愛いデザインです。

新しいインナーシリーズは、半袖、タンクトップ、ハーフパンツの3種類。

個人的にはとても楽しみにしていたもので、オーガニックコットンの柔らかさが気持ちよく
ハーフパンツはこれからの時期スカートの下に履いてお腹の冷え防止に最適です!

カタログに掲載されていたコットンブラウスとリネンのブラウスも今日から店頭でご覧いただけます。

オリジナルレースの入った日傘や、シークレットガーデンの折り畳み傘など小物も届き、お店も華やかになりました。

是非夏に向けてのリネンのお洋服を探しにいらしてください。


OLD TO NEWの世界

2017年4月29日

ユヌメゾン リゼッタ(表参道)にて、装身具作家・吉田史さんによるOLD TO NEWの個展が始まりました!

昨年より作品をお店でご紹介させて頂くようになり、素材や形の素敵さはもちろん、その形に辿り着くまでの吉田さんの想いの巡らせ方にとても魅力を感じています。

今回ご案内する作品もしっとりした大人の可愛さを秘めて、控えめに輝くゴールドやシルバーが吉田さんのお人柄と重なります。

透かし彫りのシリーズや、鈴蘭や白詰草の花を手彫りで立体的に象ったシリーズ、花の一生をテーマに蕾から満開を過ぎて枯れゆく様を表現した作品、そしてまた、古い物語やグリム童話からインスピレーションを得た作品など。。。OLD TO NEWの世界観をぜひご覧頂きたいと思っています。

リゼッタの今春のテーマ『シークレットガーデン』をモチーフにした作品も並びます。伸び伸びとした植物の陰影が美しいです。

透かし彫りは1枚の板を細い糸のこで切り出し、模様を彫ったり打ったりして作られています。

 

「ちやほや」という言葉から着想を得たとてもユニークな作品も。

ちやほやとは、平安時代に藤原定子によって詠まれた歌にある美しいものの意「花や蝶や」を語源とするそうです。

のちに「蝶よ花よ」に入れ替わり、短縮されて「ちやほや」となり、愛情たっぷりに育てられた様子を表す言葉となったのだそうです。

この語源から吉田さんが思いを巡らせて生まれた作品たち… さて!どんな形になったでしょうか!

とっても愛らしいので、是非楽しみに足を運んでくださいね。

身に着ける方も蝶よ花よと愛でられますように…という思いが込められています。

植物や雷、生物といった変わらない自然の形や伝統的な文様、出来事が頭の中で結んだりほどけたり。。。それが手の先から絵を描くように形になっていく、と吉田さんは言います。

表したいものはまだまだ沢山あって、それらが一番良い形になるように、、、日々心と技の鍛錬を大事に作り続けていきたい、と。

忙しなく過ごしてしまう毎日を省みて、感じるものが大きくありました。

大きなイヤリングも身体とちぐはぐにならずに不思議にすっと馴染んでしまうわけも、きっとこのようなところにあるのかもしれないと思いました。

自分にひとつ。お客様と一緒に、私もワクワクしながら選んでいます!

ピンク色の可愛い小鳥たちがお迎えいたしますので、是非お立ち寄りください。

5/7(日)19:00まで開催しています。

オンラインショップでは5/2より受注会を行います。

 

※リゼッタ各店はGW中休まず営業いたします。


洋服づくり

2017年4月27日

昨年末に春待ち洋装店でオーダーした洋服が届きました。

頼んだのは、心ときめいた生地”綿毛”のスカートと”エーデルワイス”の袖なしブラウス。

特にエーデルワイスは、数年前に作られたブラウスを先輩スタッフが着ているのを見て以来、復刻を心待ちにしていました。生地だけでも2M購入!

 

リゼッタ二子玉川店の隣には、リネン生地と手芸小物の専門店”リネンバード ハバダッシュリー”があるので、手仕事が好きなお客様も多くお立ち寄りくださいます。

これを作ったの!今度これをつくるの!と楽しいお話が弾む事もしばしば。

そんなお客様のわくわくとした気持ちが何度となく伝染し、夏が来る前にと、眠らせていたエーデルワイスの生地でスカートを作りました。

型紙はリネンバードの”脇ポケットのタックスカート”パターンを使って。

(5月にこのパターンのワークショップが開催されるようですよー)

 

仕上げのウエストのボタン選びは、リネンバードへ足を運びました。

5/9(日)まで”ボタンときどき針仕事”というイベントが行われていて、神戸にある“ポワソン

ドール”というお店から、ひとつひとつ職人さんが手作りしている愛らしいボタンやパーツが沢山届いています。

爽やかな白い貝ボタンと迷いましたが、やわらかな雰囲気の水牛の角でできたボタンを合わせました。

そして今日、リゼッタには新作で使われているオリジナルの生地が届きました。

下:ル ポワ(水玉) W145㎝(リネン100%) ¥10,800/1m  5/12より販売予定

上:デイ フラワー(つゆ草) W150㎝(リネン100%) ¥10,800/1m   6/2より販売予定

※生地の取り扱いは二子玉川店と表参道店のみです

 

水玉の生地は、アトリエのスタッフが手書きした水玉をプリントしていて、どことなく不揃いでゆがんでいる所が、素朴で優しさを感じる生地です。

 

リゼッタのデザイナーがつくった新刊”わたしの好きな、ミニマルな10着”というパターンブックも届いたばかり。

今度は水玉の生地でブラウスをつくりたいなー、と画策中です。

 

GWのご予定がまだ決まっていない方、夏にむけてリネンの洋服づくりがしたい!という気持ちが

むくむくと湧いてくるかも?”二子玉川散歩”はいかがでしょうか?