ニットいろいろ

2017年11月8日

二子玉川でも毎年恒例のイルミネーションが始まり、冬の訪れを感じます。
朝晩は寒さを感じる事もありますが、日中は気温が上がりあたたかい日も多いこの時期。
今回は今から活躍するリゼッタのおすすめニットをご紹介します。

 

フェオドラ
アンゴラ混のウールカーディガン。
ふわふわとやわらかい生地でとっても軽い一着。今の時期は持ち歩きにも便利です。
落ち着いた赤はコートからちらりとみえるだけでも印象的。

こちらは同じ糸でロングニットの“ルナ”もございます。

 

コリン
Shepley yarnを使ったバルキーなニット。
バルキーなシープレーヤーンは空気をよく含むので驚くほど温かく、毛玉にもなりにくいのが特徴。
デニムでカジュアルにまとめるのもよいですが、あえてレースなど甘めなボトムスとあわせるのもおすすめ。ウールのチクチクが苦手な場合は下にシャツを着ると安心です。

こちらは同じ糸を使い、身頃、袖、衿と違う編み地で変化をつけた“ユアン”もございます。

ジルベール
イタリアのメリノウールで編んだベスト。
ふっくらと軽い着心地で今の時期すぐに活躍します。
コートを着る時期にも重ね着で着膨れする事なくストレスフリーに着用できます。

こちらは同じ糸を3本取りで編んだ2WAYニット“リーディエ”もございます。

 

Bergfabel
イタリアのチロル地方から届いたセレクトBergfabelのニット。
作り手の温かみを感じることができるハンドメイドならでのざくざくとした風合いが魅力。肩に並んだボタンがポイント。

Bergfabelの手袋やコサージュなどの小物もございます。

この他にも定番コルルール・トリコの新色やカラーバリエーションの豊富なニットなどお店ではあったかニットが揃っています。

 

そろそろ冬支度。
是非一度見にいらしてくださいね。