tamasとその主

2017年8月6日

8月11日から二子玉川店で、アクセサリーブランド”tamas”のオーダー会がはじまります。

フランスヴィンテージのビーズやスパンコールを用いたtamasの作品。
素材から放たれる存在感を生かしつつ、tamasの手にかかると・・・

どれもtamasらしい空気を纏ったアクセサリーに!
しかし、ひとたび持ち主の手に移ると、そのひとらしさに寄り添うアクセサリーとなるから不思議です。

 

今回は、二子玉川店スタッフが今までに購入したtamasを紹介します。

どことなくそのスタッフらしさが滲みでているセレクトですよ。
(偶然にもスタッフみな2点づつ愛用しています!)

(左:Tampopo    右:小石)

すらっと背が高く、スタイリッシュな印象のスタッフ。

迷わず小石を選んでいたことを覚えています。

どうして選んだのですか?との問いに、黒い洋服が好きだから!と、納得です。
甘さを控えた洋服を好むスタッフのコーディネートにぴったり。
Tampopoはインスピレーションで選んだそうですが、潔い白色だけの重なりから、さっぱりとしたスタッフの内面性をどことなく感じます

 

(左:Undercot   右:Bib)

柔らかな色を好むもうひとりのスタッフ。

明るい色の洋服も手に取ることがあるので、どんな色の洋服にも馴染む、

控えめの色味を選んだとのこと。
右側のBibは、淡い色ながら存在感たっぷりの形。

時折垣間見えるスタッフのユーモア性を感じるセレクトです。

 

(左: Atomos tomos      右:Humming)

自分の事は一番よくわかりませんが、元々シンプルなフォルムと色味の洋服を好みます。

なぜか丸いモチーフに惹かれるのは昔から・・・。
(自宅のインテリアにも丸モチーフがところどころ)

 

自分がときめいて手にしたtamasをつけていると、より自分らしさを支えてくれて、

堂々としていられる気がします。

(アクササリーの事を褒められると、なんだか自分まで”えっへん”!という気になります)

 

お時間ございましたら、自分のインスピレーションと繋がるtamasを見つけに、

ぜひお店まで足をお運びくださいませ。
(オンライン:開催中~8/18  二子玉川店:8/11~8/20  淀屋橋店:8/26~9/3)

 

 

当日は、オーダー以外にも、すぐに購入できるアーカイブの商品もご用意してございます。